4.カンボジア【 旅の相棒 】2020-06-04

 

シェムリアップゲストハウス

おはようございます。
梅雨の抜けきらない11月のカンボジアは、どんよりとした曇空。
灼熱のアジアを期待していたらガッカリだけど、わたしはこのくらいの天気の方が過ごしやすくて好き。

昨日は遅い時間での到着だったので、宿の全貌も分からず就寝しましたが、朝になって外に出てみると母屋とは離れた場所にあるヴィラのような感じでした。

シャワーもトイレも完備。
部屋はこじんまりとしていますが、一人旅には文句のない広さです。

このゲストハウスは、もともとは違う場所で経営されていたようですが、リニューアル移転したばかりでとても綺麗な宿でした。

ここに大きな荷物は置いて、最小限のパッキングに差し替えパイリンへ向かいます。

 

外に出ると、ゲストハウス看板犬の「コノちゃん」がお出迎え。
両腕の間におやつを抱きしめてて、すごい可愛い♪

シェムリアップゲストハウス

アジアで出会う野良犬はめちゃめちゃ怖いけど、コノちゃんは人によく慣れていて、見た目によらず人懐っこくてすごいかわいい。

ここのゲストハウスにはトゥクトゥクドライバーも在中しているので、ちょっとしたツアーなんかも行けるようです。

 

さて、今回私はプノンペンに住んでいるカンボジア人のソティアさんと、旅をすることにしました。
彼は8年前にカンボジアに滞在していた時に、トゥクトゥクドライバーとして出会い意気投合。
(現在は別のお仕事をしています^^)

温厚な性格と達者な日本語、何より時間やお金にしっかりしているので、どんぶり勘定の私にとっては頼りがいのある存在!
目的地のパイリンは田舎町で、なにかと困ることも多いだろうとなんと、急遽彼のお父さんも一緒に(!?)行くことになりました。

謎のドリカム状態です〜 笑!!

お父さんは仕事柄、カンボジアのあちこちに知り合いがいて、顔も広いんですって。
これまた心強い。

旅の相棒

いざ出発。