26.バンコク 【ブランドマッサージとバンコクラストナイト】2021-03-10

カオサンランチ

カオサンロードは宿が安いだけでなく、
バックパッカーが集まるだけあって、全体的に物価も安いらしい。
でも昼間はこの通りに屋台は無くて、ランチは基本お店で食べるスタイル。

店先で焼きそばを焼いていたお店に入ると、ドレッドヘアの女の子と相席になりました。
軽く会釈をすると、
「これ、めちゃくちゃ安いよ!」
と、自分が食べている焼きそばを指差してレコメンド。

せっかくなので同じものを注文させてもらうことに。


サイズは小さめで、小腹が満たされるくらいだったけれど
アクセントのピーナッツが香ばしくてとても美味しい。

向かいの女の子と話をしたいなーなんて思っていたけれど
お互いシャイな性格だったためか、話すタイミングを逃し
なんとなく会釈を数回繰り返したのち、そのまま席を後にしました。

多分ヨーロッパ系の若い女の子。
一人でバックパックしているのかなぁ。

彼女にとって素敵な旅になりますように。。。


カオサンロードで出会った猫ちゃん。
ここに来て初めて首輪を付けている猫に出会った。
ガリガリの子猫ちゃんだったけれど、みんなに可愛がられている印象。
いっぱいご飯食べて、大きくなるんだよ^^

ランチのあとは、ホテルへ帰宅。
歩いた歩いた。。。


初めての場所は地理感が頭に入ってないので、気がつくヘトヘト。
やっぱり最低でも1週間は同じ場所に滞在したいな。。。
 

バンコク ブラインドマッサージ

気がつけば明日で帰国。
一気に駆け抜けた旅の疲れを癒すべく、マッサージに行くことにしました。

滞在先のチョンノンシー駅からほど近いマッサージ店。
『perceptionblindmassage』
ここはブラインドマッサージといって、
視覚障害者の方に安定的な雇用提供すると共に、とても質の高いマッサージとして有名なお店らしい。


細い階段を上っていくとレセプションがあり、すごく落ち着いた雰囲気。


レセプションは英語がは話せるスタッフさんがおり、やりとりはスムーズ。
飛び込みでしたが30分後に施術が受けられるとのこと。

待ち時間の間は一階に併設されているカフェ利用が、半額で利用できるお得なチケット付き。
まったりお茶飲めるなんて、なんだか幸せ。。。

次はもっとゆっくり、ゆっくり、カフェでぼーっとする時間も過ごしたいな。。。

30分後、受付を済ませて中に入ります。
施術スペースは広々としていて、一人一人薄いカーテンで仕切られたがいくつかありました。
ほどなくして担当のお姉様が来てくださり、挨拶をしてマッサージスタート。

まずはホットタオルで足先を温めて…
ん?なんか変な感じ…
あっっ!!靴下を脱ぎ忘れた!!!

ほっかほかの、しめっしめになった靴下を脱ぎながら、
お姉さんと大爆笑!

「ごめんねー!気がつかなかったわー!!」
とケラケラ笑いながら靴下を脱がせてくれました。
お姉さんゴメンなさい〜!

マッサージは指圧とタイ古式がミックスされたような感じ
観光客向けのマッサージは、もみ返しがひどい場合もあるのだけど、ここは技術も高くとっても気持ちよかったです。
 

1時間の施術を終え、ホテルへ帰宅後シャワーを浴びて一休み。

今夜は世界一周の旅に出ている知り合いが、
たまたまバンコクに滞在中とのことで、一緒にディナーをすることになりました。

こんな所で会えるなんて、世界は広いのか、狭いのか分からなくなる。
でも日本の方に会えるのはちょっと嬉しいな。

 

バンコクラストナイト

PM19:00
知り合いと待ち合わせをして、ホテルのすぐ近くにある安くておいしいシーフードの人気店へ行くことになりました。

『Lek Seafood』

店構えはこじんまりした、ローカルレストランですが
中に入ると、活気に溢れた店内は満席状態。
クチコミを見てみると、みんな美味しいと絶賛していました。

まずは空芯菜の炒めと、トムヤムクンスープを注文。
一口食べてみると…
うまーーい!!!
そして値段もかなりリーズナブル!!!

でも、、、
でもでも、、、
とてつもなく辛い!!!!

ふと気になって見渡すと、やっぱり…地元の人で満席でした。
と、言うことは…辛いハズだよね〜!


お皿の端っこに唐辛子を非難しながら食べ進めます(笑)
他にもエビとかシーフードも注文したのだけれど、
辛すぎて写真撮り忘れる始末!笑

二人して汗が止まらず、ベロ出したまんま、辛さにヒーヒー言いながら
楽しいディナーを過ごしたのでした。

新鮮なシーフードと辛いのが大好きなの方にはおすすめのお店です!
 

友人も私もお酒を飲まないので、ディナーはサクッと終了。
まだ時間も早いし、ここからほど近いレジャースポットへ行ってみる事にしました。

目的地までは電車でも行けるのだけど、タクシーで向かうとのこと。
怖くて乗れなかったから、ちょっとワクワク。
すると友人が携帯を取り出しUberをポチッ。

あれーっっw??
タイでもUber使えるんだ!!

てっきりアジアっぽい値段交渉とかするのかなーなんて期待してたのに、
10分くらいでとっても綺麗な車がやってきて、すんなり乗車。
便利。。。

Uberなら現金不要だし、目的地も地図で登録できしちゃうから言葉が通じなくても安心。
ちゃんと下調べしておけばよかった。。。
これならもっと遠くまで行くことできたかもなぁ。
 

そして着いたところはここ。

『アジアティーク ザ リバーフロント』

ここは川沿いの商業施設で、食事もできるし買い物もできるし、
立派な観覧車やメリーゴーランドなんかもあります。


横浜とか?お台場とか?そんな雰囲気なのかな。
地元っ子にも人気のデートスポットなようで、カップルがたくさん〜♪

ぶらぶら歩いて散策していると、園内にゲームセンターを発見!!
しかも、未体験のVR!
内容はシューティングゲームで、やってくる敵をひたすら倒していくだけのシンプルなもの。
これならゲーム初心者の私でも楽しめそうだな。

乗り物酔いがひどい私は、画面に酔わないかとちょっと不安になりつつも
せっかくの機会なのでプレイしてみることにしました。

お店の方の説明を聞いて、いざゴーグルをつけると…


す、すごい!!
右左、上下、前後、どこを見渡してもちゃんとゲームの中にいる。
(そりゃそうだw)

はじめの5分は、ワーキャー言ってはしゃいでるのだけど、
時間が経つにつれゲームの世界に入り込み無言になってしまう、、、
ほぉ、これがVRなのですね。

でもゴーグルを外すと、目の前に見物のおじさんがいたりして、一気に現実へ引き戻されるのも面白い。


料金は200Bと結構したけれど、楽しかったのでヨシ!


帰り際、川岸を歩いていると目の前を船が通りすぎて行きました。
時間によっては、ナイトクルーズ船も出ているよう。
水辺から眺めるバンコクの景色は、とても景色に違いない。

カンボジアから飛行機でたった1時間ほどの街なのに、こんなにも違うんですね。

きっと、10年後にはカンボジアももっと近代的になっていて…
それはそれで喜ばしいことなのだけど…
思い出の景色がなくなってしまうかもしれないと思うと、
少しだけ切ない気持ちになるのでした。

また来よう。
なるべく早く。。。


 
Cambodia Trip2017⇒
2017年カンボジア旅 ブログ一覧はコチラ