Turquoise

ターコイズ

ターコイズ

意味(宝石言葉):成功

ターコイズについて

ターコイズは採掘された最古の宝石のひとつ。金色とよく合うことから金製の装身具や財宝として、長い間親しまれてきました。「ターコイズ・ブルー」として空青色が上質なものと言われますが、蜘蛛の巣状のネット模様が美しいものも人気があります。

名前の響きから、トルコが産地では?と思われがちですが、トルコでは産出していません。かつてイランやエジプトで産出したものをトルコ経由でヨーロッパに運ばれたことが、名前の由来とされています。

ターコイズは、持ち主に災難があると石の色を変え危険を遠ざけると言われたり、恋人同士どちらかが不貞をすると黒くなって知らせてくれるといわれています。本当に色が変わるのか、定かではありませんがターコイズはたくさんの穴を持つ結晶のため、油や汚れを吸収し熱や光が加わることで変色してしまうこともあるデリケートな石。皮脂や香水でも変色してしまうこともあるので、まめに拭き取ったり、保管の際には直射日光には気を付けましょう。

産地はイラン、メキシコ、アメリカ合衆国、中国などがあります。

ターコイズの分類

名称 ターコイズ
英名 Turquoise
和名 トルコ石
組成 含水銅・アルミニウム・リン酸塩/CuAl6(PO4)4(OH)8・5H2O
空青色、帯緑青色、青緑色、緑色
光沢 樹脂光沢ないし蝋光沢
結晶系 三斜晶系、通常は潜晶質
硬度 5.0~6.0
比重 塊状石:2.40~2.85/結晶:2.84
屈折率 1.61~1.65