Garnet (Almandine)

ガーネット

ガーネット

意味(宝石言葉):貞操、真実、友愛、忠実

ガーネットについて

ガーネットというとあの“赤い色”が印象的ですが、実は緑や黄色、オレンジ褐色から無色透明なものまで、沢山の色が存在します。

実は「ガーネット」という名前は総称で、単一の宝石名ではありません。科学的に関連の深い鉱物をまとめて「ガーネット」と呼ばれています。

中でも多く産出するものは、「アルマンディン」という種類。
赤みが濃く、黒っぽい色をしていますが、ピンク色に近いものもあります。
インクルージョンが特徴的で、カボションカットにすると4条スターが見えることも。また、原石は蛍光灯の下だと赤黒く、白熱灯の下だと美しい赤色に輝いて見えるそうです。

世界中で産出されるガーネットですが、有名な産地はインド。
他にはブラジル、マダカスカル、タンザニア、スリランカ、アメリカでも産出します。

ガーネットの分類

名称 ガーネット (アルマンディン)
英名 Garnet (Almandine)
和名 柘榴石 (鉄礬柘榴石)
組成 鉄・アルミニウム珪酸塩/Fe3Al2(SiO4)3
赤色・暗赤色・帯紫赤色・帯褐赤色・帯褐黒色
光沢 ガラス状
結晶系 等軸晶系
硬度 7.5
比重 4.00
屈折率 1.76~1.83