Topaz

トパーズ

トパーズ

意味(宝石言葉):友情、友愛、希望、潔白

トパーズについて

トパーズは色が豊富で、黄色、オレンジ色、ピンク色、緑色、青色など様々な色があります。
特に深い黄金色の「インぺリアルトパーズ」「シェリートパーズ」は価値が高く、さらに「ピンクトパーズ」は大変希少なものとされています。

トパーズは、金で留めたものを首回りに着けると、不吉な兆候を取り去り、悪い夢から目を覚まさせ、怒りを鎮めてくれると言われています。

最近ではブルートパーズが人気ですが、無色のトパーズを照射や熱処理によって青く変化させているものもあり、肉眼でアクアマアリンと区別するのが難しいものも存在します。また、まったく別の宝石である「黄水晶」を “ トパーズ ” や “ シトリントパーズ ” と表示することもありますので要注意。

産地はブラジル、アメリカ合衆国、スリランカ、ロシア、オーストリア、タスマニアなど。実は日本でも無色に近いトパーズは採取することができますが、宝石として用いることができる結晶はほとんど無いようです。

トパーズの分類

名称 トパーズ
英名 Topaz
和名 黄玉
組成 アルミニウム・フッ素・水酸珪塩酸/Al2SiO4(OH,F)2
OHタイプ:黄色、黄金色、オレンジ色、黄褐色、ピンク色 Fタイプ:無色、淡青色、青色、黄色、淡緑青色、褐色
光沢 ガラス光沢ないし樹脂光沢
結晶系 斜方晶系
硬度 8.0
比重 OHタイプ:3.56/Fタイプ:3.53
屈折率 1.62~1.63