Opal

オパール

オパール

意味(宝石言葉):心中の歓喜、安楽、忍耐

オパールについて

オパールの魅力は、あの美しい色の変化。
この虹色に揺らめく光を“プレイ・カラー( 遊色効果 )”といい、またこの効果を持つものを「 プレシャス・オパール 」と呼びます。反対に、プレイ・カラーはないけれど、半透明で地色が美しく宝石になるようなものを「 コモン・オパール 」呼びます。

プレシャス・オパールは、地色によって大きく4つに分類されます。
◆ホワイト・オパール…地色が白色・乳白色
◆ブラック・オパール…地色が黒色・濃青・緑・灰色
◆ウォーター・オパール…地色が透明
◆ファイア・オパール…地色がオレンジ色・赤色

ほかにも、ボールダーオパールや、クリスタルオパールなど細分化するとその種類は10種類以上になります。

オパールはほかの宝石と違い、結晶を持たない珍しい石。そのためとてもデリケートで、乾燥したり衝撃を与えたりすると割れてしまう可能性があるため、家事をするときなどはなるべく外し、乾燥させないよう気を付けてください。

世界最大の産地はオーストラリアで、ホワイト・オパールやブラック・オパールが採れます。メキシコはファイア・オパールやウォーター・オパールの産地。他にもアメリカ合衆国、ブラジル、チェコスロバキアなどで産出します。

オパールの分類

名称 オパール
英名 Opal
和名 蛋白石
組成 含水珪酸ゲル/SiO2/nH2O
無色、白色、緑色、黄色、橙色、赤色、緑色、青色、青灰色、黒色
光沢 ガラス光沢ないし樹脂光沢
結晶系 非晶系
硬度 5.5~6.5
比重 1.99~2.25
屈折率 1.37~1.47