Sapphire

サファイア

サファイア

意味(宝石言葉):慈愛、誠実、徳望

サファイアについて

サファイアは、ルビーと同じ「コランダム」。
「コランダム」は不純物の違いによって色が変化し、赤色はルビー、その他の色はすべてサファイアに分けられます。
しかしサファイアは色の種類も多い為、主に青色のものを“サファイア”といい、それ以外はイエローサファイア、ホワイトサファイアというように “ 色名+サファイア ” の名前が付けられ一括してファンシーサファイアと呼ばれています。

また、ピンク色からオレンジ色の色味を持つサファイアは“パパラッチャ”と呼ばれ、非常に珍しいもので、ファンシーサファイアとは別に独立した名前が付けられています。

神秘的な青色のサファイアは、中世時代に「天国の静穏のシンボル」として身に着けた人に平和と親愛感をもたらし、邪悪や不純な考えから身を守ると信じられてきました。のちに神聖な石とみなされ、12世紀以降はキリスト教聖職者のリングに選ばれてきたそう。

サファイアの中でも、最も尊ばれる色はカシミール産に多い “コーン・フラワー(corn flower) ”=“矢車草花の色”です。続いてイギリス王室の公式カラーでもある、濃厚な“ロイヤル・ブルー”。これはミャンマーで産サファイアの特徴でもあります。他にもタイ、オーストリア、ナイジェリア、カンボジア、ブラジル、ケニア、コロンビアなどでも産出しています。

サファイアの分類

名称 サファイア
英名 Sapphire
和名 蒼玉・青玉
組成 酸化アルミニウム/Al2O3
無色、青色、緑色、黄色、紫色、黄金色、ピンク色、パパラチャ色、褐色
光沢 ガラス光沢
結晶系 六方晶系・三方晶系
硬度 9
比重 3.99~4.05
屈折率 1.76~1.77